通信とデータ

常に発展し続ける通信・データ処理ビジネス環境において、プリント回路基板上の微細な汚染残査が、極小化した重要なコンポーネントの高速データ処理に影響を与える可能性があります。また汚染残査は表面を腐食させる原因となり、機器の操作やその寿命に影響を与える可能性があります。

BELFORの汚染除去プロセスは、大手機器メーカーが開発した厳しい清浄度基準に準拠しています。

BELFORアジアは過去 20 年間にわたり、アジアにおける多数の通信スイッチルーム及びデータ処理センターを復旧してきました。

いくつかのケースでは、迅速に施設が操業を再開できるように、初期の「応急処置」としての汚染除去を実施しました。その後、システムの中断を最小限に抑えるために、分離、移動、汚染除去及び個々の装置ラックの再設置と段階的に完全な汚染除去作業が実施されました。